- cafe; Jantique blog -
街のコーヒー屋、街の憩場、街の情報交換所として
存在感を示すべく日夜がんばってます。

スペシャルティコーヒーをもっと美味しくもっと手軽に!
  

      
  管理者ページ RSS1.0 atom スマホ版  
     
 << ほどよく面白い経験 | main | オセロゲーム >>  
 
calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
café Jantique
インフォメーション
icon-cup-logo-aboutus

Jantique 公式サイト
icon-cup-logo-aboutus

Jantique ギャラリー icon-tumblr32
contents
icon-menu
icon-cup-green
categories
selected entries
@café_jantique からのツイート
recent comments
archives
links
café Jantique facebook
cafe Jantique

Facebookページも宣伝
mobile
qrcode
 180円
2007.04.10 Tuesday
cafe Jantiqueに来店された方はご存知だと思うが
店の「ハウスコーヒー」として提供しているブレンドの値段は
“180円”。
自分で設定しといてなんだが、相当安い。

ただし、“相当安い”という言葉の前に

店で使ってる豆は全て「スペシャルティコーヒー」であり
全幅の信頼を寄せている「ハニー珈琲」さんの高い焙煎技術で
クオリティーの高いコーヒーであるのに、

という文言が入る。

現在の商売形態が、比較的経費を抑えやすい、
というのも理由の一つだが、
最初に値段設定した時に
都会で勢いのある大手コーヒーチェーン店の値段を視野に入れた。

“なぜそんな無謀な事を・・・”と思われるだろうが
商売を始めるからには、
大手と肩を並べるくらいのつもりでやるんだ、
という意思を表したかったのだ。

実際、結構きつい値段だけど、
180円を握り締めてコーヒーを飲みに来て、
「あーおいしい」とホッと嬉しそうな顔を見せるお客さんを見ると、
なんとも言えない感情に浸ってしまう。

こんな客商売でもいいかな。
みんな、本当においしいコーヒーを気軽に飲みに来てね。
| special menu | 00:08 | comments(3) | - |
Posted by : JAY
コメント
【確かめたことはないです】

Jantiqueの価格設定はリーズナブルである。だからといって、侮ってはいけない。

コーヒーが、ブランド物ではなく、機能美あふれるカップに入っているからといって、甘くみてはいけない。

移動カフェだからといって、軽くみてはいけない。

これはオーナーの郷土に対する愛の形なのである。

豆にこだわり、淹れ方にこだわり、労力を惜しまず、味を追究し、尚且それを安価に提供する。

見た目に惑わされず、おいしいものを素直においしいと思える心、言える勇気を持つことへの喚起。

移動カフェでありながら、オープンカフェとして営業する姿勢は、人と人とのつながりを大切に考える彼の気持ちの顕れではないだろうか。

遍く萩に本物の珈琲とカフェ文化を知らしめた後、彼の新たなる野望がスタートする。

自分をいい男だと言い張る彼はきっといい男なのだろう。

以上、真偽の程は定かではないので、悪しからず御了承下さるか、ご自身でお確かめ下さいませ。m(_ _)m
| S | 2007/04/10 7:51 PM |

180円で、本当に助かっています。
| ocsenu | 2007/04/10 10:45 PM |

代弁してくれて、本当に助かっています。
| JAY | 2007/04/11 1:08 AM |

コメントする