- cafe; Jantique blog -
街のコーヒー屋、街の憩場、街の情報交換所として
存在感を示すべく日夜がんばってます。

スペシャルティコーヒーをもっと美味しくもっと手軽に!
  

      
  管理者ページ RSS1.0 atom スマホ版  
     
 << ヌートリア | main | map cafe season2-13 チラシです。 >>  
 
calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
café Jantique
インフォメーション
icon-cup-logo-aboutus

Jantique 公式サイト
icon-cup-logo-aboutus

Jantique ギャラリー icon-tumblr32
contents
icon-menu
icon-cup-green
categories
selected entries
@café_jantique からのツイート
recent comments
archives
links
café Jantique facebook
cafe Jantique

Facebookページも宣伝
Eco-Friendly Movement


エコジャン
ジャンティークでは資源を大事にするために、あなたのお気に入りマイカップの持込を歓迎してます! テイクアウトのお客様に限り、マイカップ、マイボトル持参の場合20円引き!
mobile
qrcode
 彷徨
2017.03.24 Friday

“あぁ海に出たい。海岸で海風に抱かれたい。”

と、閉じ込められた場所から出られない人は憧れる。

が、海の側で暮らす人は解放されてるのだろうか。

海に出た人は晴れやかなのだろうか。

 

“あぁ空を飛びたい。高いところから遠くを見渡したい。”

と、俯いてばかりの人は時折眩しそうに空を見上げる。

が、飛行機に乗ってる人たちに不安はないのだろうか。

高いところから見る景色は現実を投射してるのだろうか。

 

愛溢れる家庭に幸せが詰まってるはずだったのに、自由を奪われたように感じたり、

気ままな生活を過ごしてたはずなのに、突然孤独と不安に襲われる。

 

生き方の種類が増えすぎて、自分にとってどれが幸せな状態なのか分かりづらい時代になってきた。

夢が沢山あるように見えて、実はどれを取っても現実ばかりが押し寄せてくる感覚。

全くもって、楽なようでしんどい時代だ。

自分の好きな道を選べ、なんて言われるけれど

もう選ぶことが面倒臭くストレスを感じる。

海でも部屋でも空でも地面でも

もうなんでもいいや、なんて思う人もそりゃ増える。

生き方のガイドラインも無くなったので彷徨う人も増えてくる。
 

僕のカフェに来る人達も大なり小なり彷徨ってる。

自信に満ちた話をする人も長い時間会話をしているとその彷徨ってる部分が見え隠れする。

 

僕の場合も完全に迷宮にはまったような生活を続けているが、

出口は見えないまでも、

日々の些細な彷徨を感じる時には、上を見上げて原点を思い出すようにしている。

そして、あれこれ考えずに思いついた事を行動に起こす。

昔はもうちょっと慎重に考えて選ぶべき道を決めていたけど、

今は選択肢が多すぎて、答えも多すぎて気持ちが悪くなるくらいだから

意識的に行動を早くしている。

 

そして、その後ふと考える。

こんな時あの人はどうしてるんだろう。

今のこの時代にあの人はどんな選択をし、どんな生き方をしてるんだろう。

もう知る由も無いけど、僕が尊敬するあの人は僕より充実した生活を送っていてほしいと願っている。

 

 

| JAY BLOG | 01:14 | comments(2) | - |
Posted by : JAY
コメント
全てがめんどくさいと思える日も多々あるけれど、

心のままに、身体の声を聞きながら、平穏に過ごしていけたらと、

選ばなかった途はいつもきらきら煌めいて、

想いの残る場所や人には心乱れることも多いけれど、

「だってにんげんだもの」と「そこから先は神の領域」を使い分け、

微笑んで最期を迎えられますようにと願っています。

JAYさんとその尊敬されている方が幸せでありますように。

| S | 2017/03/27 10:04 PM |

最期を語る前にもうちょっと足掻きたいと考えております。

Sさんにも幸せが訪れますように。
| JAY | 2017/06/15 11:39 PM |

コメントする