- cafe; Jantique blog -
街のコーヒー屋、街の憩場、街の情報交換所として
存在感を示すべく日夜がんばってます。

スペシャルティコーヒーをもっと美味しくもっと手軽に!
  

      
  管理者ページ RSS1.0 atom スマホ版  
     
 << 新生3rdメニューです | main | -GIFT- >>  
 
calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
café Jantique
インフォメーション
icon-cup-logo-aboutus

Jantique 公式サイト
icon-cup-logo-aboutus

Jantique ギャラリー icon-tumblr32
contents
icon-menu
icon-cup-green
categories
selected entries
@café_jantique からのツイート
recent comments
archives
links
café Jantique facebook
cafe Jantique

Facebookページも宣伝
mobile
qrcode
 Merry Christmas...
2012.12.25 Tuesday

敬虔な信仰とはかけ離れた次元で盛り上がるクリスマス。

いやいや、決してそういう風潮を否定するような話をする訳じゃない。
クリスマス以外でも、
いわゆる“祭事”であるfestivalと“催事”のeventの区別もしないこの国だ。
商業的な意味合いばかりが強くなっても、
「ま、いいか」と流してみよう。

で、流したところで、クリスマス。

幼い頃から「特別な日」であるということだけを刷りこまれてきた、
平均的日本人の私は、
本来の意味合いとは全く違う用途でこの言葉を使ってきた。

「プレゼントが届く特別な日」として、「Merry Christmas!」と叫び、

少し成長すると、
「友達と騒げる特別な日」として「Merry Christmas!」と叫び、

大人になった頃には
「特別な人と過ごす特別な日」として「Merry Chrstmas!」と囁き、

妙に世界について考え出すと
「平和を願う特別な日」として「Merry Christmas!」と唄った。

でも、いつの時代の私も、人の為に「Merry Christmas」と口にするよりも
どこか“自分に向けてほしい”と願うひとりよがりの気持ちが強かった。
情けないことだけど。。。

が、最近の私。

ちょっとずつ齢を取ったからなのか、余裕が出てきたからなのか、
この言葉を発した相手には心から「素敵な日であって欲しい」と思っていることに気付いた。

「ありがとう」や「ごめんなさい」、「お幸せに」etc.
素直に言えてるな、と感じてる。

みなさんにとって、
この「特別な日」だけじゃなく毎日が「素敵な日」でありますように。

Merry Christmas!

| JAY BLOG | 00:07 | comments(0) | - |
Posted by : JAY
コメント
コメントする